最初に音楽に触れる場所

ポータル

地上1階正面入り口に位置する情報発信スペースです。楽器展示や様々な音楽イベントをお楽しみいただけます。

A•round, Be•side, Re•mind
– 囲むピアノ、くつろぐピアノ、思い出すピアノ

“共に暮らす家具としてのピアノ”というテーマを追求・表現したデザインコンセプトモデル(電子ピアノ)を日本国内で初展示します。

展示するモデルは、中国・上海で開催されたアジア最大級の国際家具見本市「Furniture China 2018(中国国際家具展覧会)」にて、当社のデザイン研究所と芸術性の高い精緻なものづくりが得意な中国家具メーカーMEXARTS社が共同出展したものです。

ヤマハのデザイン研究所では、プロダクトデザイン以外の領域として「日々の生活を豊かにする楽器のあり方」を研究しています。この研究の一環として、“共に暮らす家具としてのピアノ”というテーマを追求・デザインし、MEXARTS社の家具製造技術によって具現化しました。インテリアやライフスタイルに寄り添うこれまでにないピアノの在り方を通して、楽器と人との新たな関わり方を提案しています。

なお、今回の展示モデルのうち「A・round」は、「Furniture China 2018」で併催された「Gold Idea Furniture Design Awards(ゴールドアイデア家具デザイン賞)」にて、優れたデザイン性と工芸性を持つ製品に贈られる「Gold Idea Award(ゴールドアイデア賞)」を受賞しました。

<展示モデル>
「A・round」
家族団らんの中心になるピアノです。丸みのある形状、柔らかな手触り、木と革の暖かな風合いなど、思わず触りたくなる要素を詰め込んでいます。天板の高さの変化は、弾く人と聞く人間にちょうどいい距離感を与えてくれます。

「Be・Side」
寝室に置いて、眠る前にちょっとだけ弾いて安らぐ・・・そんな楽しみのためにデザインされたピアノです。木の温かみが目と手に優しいデザイン、工芸的な作り込み、コンパクトでありながらゆったりした造形、ちょっとしたお気に入りの小物を置けるサイドテーブルなど、心地よい時間を過ごせるよう細やかな配慮を心がけました。

「Re・mind」
壁に立てかけた一枚の絵のようなピアノです。楽しかった記憶や懐かしい音楽を呼び起こす、飾り棚の家族の思い出やお気に入りの小物たち。薄い一枚板の本体を壁に立てかける事で、かつて無いシンプルな本体構成と壁を響かせるという構造上の必然性を両立した、現代の生活者に向けたピアノの新しいかたちです。

決定次第ご案内いたします。いましばらくお待ちください。

ステージイベントのご案内はありません

お問い合わせ先

公演によって異なりますので各公演詳細ページにてご確認ください。

  • ヤマハホール公演情報メールマガジン配信中! ご登録フォームへ
  • ギターイベント情報メール配信中!(不定期)ご登録フォームへ