ブランド
体験エリア

ブックプロデューサー幅允孝氏によって選書された音・音楽に関する700冊の本が、様々なテーマを切り口に丁寧に並びます。自由に気になる本を手に取ってみてください。きっと知らなかった新しい音・音楽との偶然の出会いがあるはずです。

※2Fのカフェラウンジご利用のお客様にご体験いただけます。

  • 写真:藤田一浩

幅允孝(はば・よしたか)

有限会社BACH(バッハ)代表。ブックディレクター。

人と本の距離を縮めるため、公共図書館や病院、動物園、学校、ホテル、オフィスなど様々な場所でライブラリーの制作をしている。最近の仕事として札幌市図書・情報館の立ち上げや、ロンドン、サンパウロ、ロサンゼルスのJAPAN HOUSEなど。2020年7月に開館した安藤忠雄建築の「こども本の森中之島」ではクリエイティブ・ディレクションを担当。近年は本をリソースにした企画・編集の仕事も多く手掛ける。早稲田大学文化構想学部、愛知県立芸術大学デザイン学部非常勤講師。

Instagram: @yoshitaka_haba

「誰もがたやすく音楽に触れることができる時代、イヤフォンやスピーカーから流れる音もいいけれど、紙から聴こえる音を愉しんでみるのもいいのでは?気軽に手にとれる物語や絵本から、重厚なアートブックまで、多視点からを音楽を知ることができる本を700タイトル集めました。それらの本を「音楽と表現者たち」、「音楽と暮らし」、「音楽と言葉」など11のテーマで紹介します。また本の差し出し方にも工夫を凝らし、アフォリズム(本から抜き出した印象的な言葉)を映像化した言葉のインスタレーションも制作しました。」